〇うさぎ〇

こんにちは、ふらここスタッフDです。

お久しぶりのブログとなってしまいました・・・。

今回は、ふらここでよく用いている

モチーフの「うさぎ」について

書いてみたいと思います!

 

 

ふらここのお人形のお衣装には、

「うさぎ柄」のデザインのものが

多くあります。

 

うさぎ柄のお衣装は

とっても可愛らしいのですが、

 

「雛人形や五月人形の

お衣装にうさぎなんて、

ちょっと可愛らしすぎるのでは?」

 

「お衣装にうさぎ柄なんて、

なんだか安っぽく見えてしまわないかな?」

 

お人形選びの際

お客さまにそうご相談いただくことも。

 

 

そこで今回は、

「うさぎ柄」について

ご紹介します。

 

 

**************************************

〇うさぎ柄の謂(いわ)れ

 

そもそも、なぜお衣装のデザインに

「うさぎ柄」を用いているのでしょうか。

 

 

うさぎは、

古くから縁起の良い動物として

親しまれてきた生き物。

 

ぴょんぴょん飛び回る姿は、

「大いなる飛躍」の象徴とされる

ようになりました。

 

またうさぎの赤い目には

魔除けの効果があるとされています。

赤は、魔除けの色なのです。

 

うさぎは可愛らしいだけでなく、

れっきとした伝統的な

文様として愛されてきたのです。

 

 

**************************************

それでは、

ふらここの「うさぎ柄」を

実際にご紹介します!

 

○ふくふく 桃うさぎ○

 

 

○ふくふく 紅うさぎ○

 

 

 

丸いフォルムが

雪見大福のように愛らしい

うさぎ柄。

ぽってりとした形は、

まんまるの「ふくふく」のお顔に

よく似合っていますね♪

可愛らしさもあり、

どことなくノスタルジックな

雰囲気も感じられるお衣装です。

 

3106 ふくふく 桃うさぎ(親王飾)

4506 ふくふく 桃うさぎ(五人飾)

3107 ふくふく 紅うさぎ

 

 

○ふくふく 福うさぎ・ピンク○

 

 

○ふくふく 福うさぎ・赤○

 

 

 

春の野原を

元気よく跳ねている、

躍動感のあるうさぎ柄です。

少し濃い色のお衣装に

よく映える、真っ白なうさぎさん。

春の暖かい雰囲気にぴったりです。

 

3214 ふくふく 福うさぎ・ピンク

3215 ふくふく 福うさぎ・赤

 

 

○りんりん 雲間にうさぎ○

 

 

雲間からちょこんとうさぎが

顔を出す、遊び心あふれる

デザインです。

雲はふわふわのフォルムをしていて、

可愛らしさを追求したお衣装です。

ぱっちりおめめの「りんりん」が

おしゃれに着こなしています。

 

 

13007 りんりん 雲間にうさぎ(親王飾)

14007 りんりん 雲間にうさぎ(五人飾)

 

 

○のんのん 雪うさぎ・桜色○

 

 

○あいあい 雪うさぎ・桃色○

 

 

○あいあい 衣装着・雪うさぎ○

 

 

 

ふらここのお衣装の中でも

特に人気のある

こちらのうさぎ柄。

野を駆け回るうさぎを、

ほのかに光沢がある金襴の

布地で織り上げました。

男雛も女雛も、

淡い色合いがとっても

可愛らしいお衣装です^^

 

13002 のんのん 雪うさぎ・桜色(親王飾)

14002 のんのん 雪うさぎ・桜色(五人飾)

17002 のんのん 雪うさぎ・桜色(十人飾)

18002 のんのん 雪うさぎ・桜色(十五人飾)

 

13102 あいあい 雪うさぎ・桃色(親王飾)

14102 あいあい 雪うさぎ・桃色(五人飾)

17102 あいあい 雪うさぎ・桃色(十人飾)

18102 あいあい 雪うさぎ・桃色(十五人飾)

 

23107 あいあい 衣装着・雪うさぎ(親王飾)

24107 あいあい 衣装着・雪うさぎ(五人飾)

 

 

************************************

ということで、

今回はふらここのうさぎちゃんたちを

ご紹介しました♪

 

その他のお衣装も、

すべて縁起の良い文様を

使用していますので、

ぜひご覧くださいね^^

 

 

ここまでお読みいただきまして、

ありがとうございました!

 

 

友だち追加

○お人形を、付けたし○

こんにちは、ふらここスタッフDです。

 

 

今回は、

お人形の付けたしについて

書いてみたいと思います!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ふらここの雛人形は、

付けたし人形

(三人官女・五人囃子・随身仕丁)

付けたし飾り台または毛氈

使って、お人形を

増やして飾ることができます。

 

 

例えば親王飾に

 

 

三人官女と飾り台を足すと

 

 

五人飾の出来上がりです。

 

 

 

また、五人飾に

 

 

五人囃子と飾り台を

付け足すと

 

 

十人飾の出来上がりです。

 

 

 

さらに、十人飾に

 

 

随身・仕丁と飾り台を

付け足すと

 

 

十五人飾の出来上がりです。

 

 

年々お人形を増やす楽しみ。

お客様の中には、

例えば長女のために買った

親王飾に、

次女が生まれたので付けたしを

したい!という方も

いらっしゃいます。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○対応する付けたし人形・飾り台の選び方

 

対応する付けたし人形とは、

お手持ちの雛人形と

同じお顔・同じお衣装の

付けたし人形のことです。

 

まず、お手持ちの雛人形の

商品ページを開きます。

 

 

下の方にスクロールすると、

「関連商品」が出てきます。

 

 

そこに表示されている

付けたし人形と飾り台が

その雛人形にぴったりな

商品となります^^

 

もしお手持ちの雛人形が

どれかわからない場合は、

ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

 

>>お問い合わせフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

○対応する付けたし商品がない場合

 

商品によっては、

対応する付けたし人形や

飾り台がない場合があります。

 

対応する付けたし人形がない場合は、

お手持ちの雛人形のお顔と

同じお顔の付けたし人形を

お選びいただくと違和感がありません^^

例えばふくふくの親王飾をお持ちで

対応する付けたし人形がない場合は、

同じふくふくのお顔の

三人官女をお選びいただくと

違和感なくお飾りいただけます!

 

とはいえ、基本的には

どの雛人形にどの付けたし人形を

足していただいても問題はありませんので

お気に入りのお人形を

お選びいただけましたら

嬉しいです^^

 

 

また対応する付けたし飾り台が

ない場合は、

毛氈を敷いていただき、

手前に付けたし人形を

お飾りいただくこともできます。

 

 

 

ちなみに・・・

立雛の親王飾に付けたしを

する場合は、

付けたし飾り台はなくても

大丈夫です!

(立雛は背丈の高いお人形なので、

飾り台で高さを出す必要がないため)

 

 

 

 

その他付けたしについて

ご不明なことがありましたら、

どうぞお気軽に

お問い合わせください^^

 

>>お問い合わせフォーム

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここまでお読みいただき、

ありがとうございました!